そばの栄養成分について

麺が好きな方は多くいらっしゃると思います。麺類にもラーメンやうどん、そばなどがありますが、あっさりしていて食べやすいそばは多くの方に好まれているのではないでしょうか。
こちらでは、そんな美味しいそばの栄養成分について紹介します。

良質なたんぱく質

私たちが普段食べているそばには、たんぱく質が多く含まれています。たんぱく質は私たちの体にある筋肉や血液、体内で働く酵素やコラーゲンなどを作ります。また、そばのたんぱく質はバランスよく必須アミノ酸を含んでおり、特に発育に必要な必須アミノ酸のリジンが多く含まれています。

豊富なビタミンB群

そばには特にビタミンB1やB2が多く含まれています。ビタミンB1は疲労回復ビタミンと呼ばれており、体力の低下や食欲不振の解消によいといわれています。また、ビタミンB2には皮膚や粘膜を保護する役割があり、健康を保つためには欠かせない栄養素となります。

ルチンの働き

そばは体にいいといわれていますが、その理由のひとつがそばに含まれているルチンです。
ルチンはポリフェノールの一種でビタミンPとも呼ばれており、赤ワインに含まれている成分と同じような働きをするので、高血圧症や動脈硬化など生活習慣病の予防によいといわれています。

豊富な食物繊維

そばには食物繊維も多く含まれています。食物繊維の1日の推奨摂取量は20gから25gといわれていますが、そば一枚には4gほどの食物繊維が含まれています。そばはいろいろある食品の中でも、多く食物繊維を取ることが出来る食材なのです。

栄養成分が多く含まれているそばですが、せっかくそばを食べるなら新鮮で美味しい手打ちそばを味わってみてはいかがでしょうか。福岡県久留米市で美味しい手打ちそばを味わいたいなら、ぜひ櫨山へお越し下さい。

櫨山は耳納連山のふもとにて創作料理と手打ちそばをご提供しております。各種会席・ご法事女子会宴会・接待など、各種お料理をご用意いたしますので、個室や大人数でのご利用の場合もお気軽にご予約下さい。