蕎麦をより美味しく食べるためのコツ

日本を代表する料理はいくつもあり、蕎麦もそのひとつとして有名です。現在は蕎麦屋も多くなっているので、気軽に食べることが出来るようになっています。こちらでは蕎麦をより美味しく食べるためのコツをご紹介しています。

つゆに浸けすぎない

蕎麦を食べる時にはそばつゆに浸けて食べますが、つゆの浸けすぎに注意しましょう。つゆに浸けすぎてしまうと蕎麦本来の味を楽しむことが出来ないので、最初はつゆに浸けずに蕎麦のみを味わってみましょう。つゆに浸ける場合は蕎麦の3分の1程度がベストといわれており、蕎麦本来の味とつゆがバランスよく組み合わさることで蕎麦とつゆ両方の美味しさが堪能出来ます。

また蕎麦をすする際に音を立てる方と立てない方がいますが、音を立てて食べると美味しそうに見えるので、雰囲気を味わうのなら音を立てて食べることをおすすめします。また、音を立てて一気に口に入れることでつゆが落ちる前に口へ運ぶことが出来、蕎麦とつゆが一緒に楽しめます。

薬味は少しずつ入れる

蕎麦と一緒にワサビやネギなどの薬味が提供されますが、薬味を入れる時にもポイントがあります。薬味は味を調整したい時に入れるものですので、最初から全部入れてしまうとつゆ本来の味が損なわれてしまいます。つゆの味を楽しむためにはまず薬味を入れずに楽しみ、ある程度楽しんだら蕎麦と薬味をつまんで一緒に楽しむのがおすすめです。

少量ずつ食べる

蕎麦に限らず和食は途中で噛み切らずに食べるのがマナーとなっていますので、蕎麦を食べる時は少量ずつ食べるようにしましょう。少量ずつ食べることでのどごしが楽しめますし、口の中全体に蕎麦やつゆの風味が広がります。

福岡県の久留米市にある櫨山では美味しい手打ち蕎麦と日本料理が楽しめる古民家風の隠れ家的お店となっており、手打ち蕎麦や日本料理だけでなく四季折々の景色も楽しめます。

各種会席法事にもご利用頂けますし、個室もご用意しているのでデート接待などにもおすすめです。ご予約も承っていますので、久留米市で手打ち蕎麦と日本料理を楽しみたい方はぜひご利用下さい。