覚えておきたい日本料理の種類と特徴

日本料理は旬の素材を取り入れ、海や山の幸が上手く取り入れられているのが特徴です。
日本料理には大きく分けて三つの種類があり、それぞれ異なる特徴があります。こちらでは日本料理の種類と特徴をご紹介しています。

懐石料理とは

フルコース料理のように一品ずつ提供され、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと料理を楽しむ料理形式です。懐石とはお茶会や茶事といった席で提供される食事のことであり、茶道と一緒に発展したこともあって茶懐石料理とも呼ばれています。

流派によって献立に違いがありますが、原則は一汁三菜となっています。お茶の席で提供される料理なので静かに料理を楽しみたい方におすすめです。

会席料理とは

懐石料理がお茶の席で提供されるのに対して、会席料理はお酒の席で提供される料理です。
会席料理はフルコース料理のように一品ずつ提供されることもありますし、一度に全て提供されることもあります。形式は厳しく決まっていません。

懐石料理よりも内容が豪華になっていることが多く、結婚式や各種宴会では会席料理が提供されるのが一般的です。献立も一汁三菜が原則となっており、他にも二汁七菜や一汁五菜といった場合もあります。菜の数は縁起が良いという理由から必ず奇数が使われ、菜の数が多くなればそれだけ料理の内容も豪華となります。

本膳料理とは

日本料理のルーツとされており、室町時代から始まったとされる本格的な料理形式です。
本膳料理は儀礼的な料理とされていたので、料理を食べる順番や服装、器の並び方など細かいルールが決められています。

主に冠婚葬祭の席で提供される料理であり、一汁三菜を原則として一汁五菜など会席料理同様に献立にもいくつか種類があります。儀式の意味合いが強いこともあり、食事の作法も細かく決められています。現在は本膳料理を提供する料理店は少なくなっています。

美味しい日本料理が楽しめるお店をお探しの方は、福岡県久留米市にある櫨山をご利用下さい。古民家風の隠れ家的なお店となっており、美しい庭園を眺めながら四季折々の食材を活かしたコース料理・御膳をご提供いたします。

個室も完備していますので、接待デート、結婚記念日女子会などにもご利用頂けます。もちろん大人数でのご利用にも対応していますので、宴会のご予定がある際はぜひご活用下さい。